2011年04月02日

操業を続けなければ原子炉は売れなくなる

福島第一の原子炉格納容器について
「設計に特有の脆弱さがあった」


しかし、

操業を続けさせなければ
GEの原子炉は売れなくなる



として、議論は封印された。

という元GEの技術者の話し。

福島の原子炉は

欠陥商品だった。

というシンプルな話し。



じゃーよ。

アメリカ!責任取れよ!





それから、

東京電力も企業だから利益が全てに優先する。
だから、東京電力以外のチームを編成して対応しなければ駄目だ。
日本では原子力政策と安全規制を同じ経産省が担当している。
独立した委員会を作らなければ。

これは、チェルノブイリの放射能汚染除去作業の責任者の話し。

彼によると、
「30キロ圏内の除去は実際上、
不可能なので行われなかった」


そうです。



原発やりたい奴等が作った安全基準なんて元々信用ならないのはあたりまえだよな。
経済産業省の原子力安全・保安院は腐った役人集団なので、国内でも危険性の指摘があったときも、「それはあんたが自分で勝手にやれ」と言ったそうです。武田邦彦教授の実体験だそうです。教授はこの動画の中で、半径30キロとかは関係無いといっています。では何処に逃げたらいいのかを語っています。
必見。


ここ








posted by 東電(あずま・でん) at 14:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。