2011年04月04日

でっかいタンポポ

原子力安全・保安院は、
腐った役人集団です。



スリーマイル島はレベル5

チェルノブイリは レベル7


福島第一はもう既にスリーマイルを超える放射能補まき散らしている。

しかし、原子力安全・保安院は今回の事故を

レベル5

と、言っている。



もう、既に福島第一はレベル6です。


これはニッポンの恥だ。
大前研一は言っている



日本では報道されてないけど
日本はバカにされている!



原子力安全・保安院は

どうしようもないと。



現時点でスリーマイル島よりレベルが上なのは明らか。


大前研一さんは、スリマーイル島では「放射能はほとんど外に出なかった」と。

でも日本はたくさん放射のが外に出ている。だからレベル6だ、と。


しかし、

スリーマイル島では




でかいタンポポ
が生えている!



福島でも、


野球ボール大の米粒


が出来ることでしょう。





原子力安全・保安院!



ひね!(こちとら江戸っ子でい)




女性は、特に危ない!


甲状腺ガンと乳ガンで死んでる!

0:21:20に注目!
しかも250キロ圏内で。

これ、福島から東京くらいの距離。




やべーよ!


posted by 東電(あずま・でん) at 03:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。