2011年04月05日

日本のプルトニウムは安全です(プルトニウムは飲み物です)。

安全デマ!

爆発した三号機の資料には
プルトニウムが飛散した
という記述がなかった。


東京電力は「検出されていない」

しかし、良く確認すると、

「計測器がないので計測していない」


とのこと。


そらー検出されないわな。


プルトニウムは他の放射性物質よりも遥かに

強力な

「発がん性物質
です。

(プルトニウムは飲み物です)



プルトニウムの発がん性は、
ヨウ素とかセシウムとか問題にならん。
肺に入ると超危険!

それを、プルトニウムは重金属だから飛散しませんとか。

でもそんなのチェルノブイリとか中国の核実験とかから余裕で飛んできてるぜ。


政府(民主党)、役人(経済産業省)、マスコミ、東京電力
の4者一体で、「安全デマ」を流しているぞ!

原発事故当時は東京電力会長がマスコミOBを接待していた最中だったそうな。

これ、本日発売の週間SPAで

上杉隆氏の記事です。


やっぱりな。




例の「溜まり水」の事実を引き出したのも、
フリーの記者や赤旗、海外メディアだったそうな。

超、隠蔽体質!


国と東京電力とマスコミは
全部グルだぞ!



気をつけましょうね。



体内に取り込まれた放射性物質は

一兆倍危険です



が教えてくれます。

posted by 東電(あずま・でん) at 23:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。